コーチング 考え方

変えられないことを嘆くよりも、変えられることに焦点を当てよう

こんにちは!Coaching-L代表の刈谷です。

本日は

「変えられないことを嘆くよりも、変えられることに焦点を当てよう」

についてです。

さて、これまでの人生で、以下のようなことを感じたことはありますか?

「あの人の考え方はおかしい!」

「あの人にもっと褒めてほしいんだよな、、、」

「あの人はどうしてあんな言い方するの!」

「あの人は自分のことしか考えていない、、、」

あの人、あの人、あの人、、、

あの人だらけですね。笑

人はどうしてこうも自分へ焦点を当てずに「あの人」ばかりに焦点を当てようとするのでしょうか。

よくいいますよね、

「人は変えられない、自分を変えよう」

って。

でもこれもなんか、自虐的な感じがします。

「how to」がないから解釈は自由、

余地があるので解釈の仕方次第では

「自分が我慢すれば良いんだよね、、、」

「自分が受け入れれば丸く収まるから、、、」

なんて思っちゃいそうですよね。

私も以前は、

「自分が我慢すればいいんだ!」

「自己犠牲の精神が大事だ!」

なんて言って自分をすり減らしていた時期がありました。

そして、メンタルボロボロに。。。笑

今の自分は、時には

「受け取って、手放す」

を意識しています。

自分の心に違和感があるときは、無理して受け入れなくていいと思います。

そう、何でも受け入れる必要なんてないんですよね。

受け入れたければ受け入れる、

違和感があれば、受け取るけど、手放す、

内容によっては受け取ることすらしません。笑

だってそれで自分のエネルギーが漏れてしまっては意味がない。

エネルギーが漏れた状態では、大切な人との時間やコーチングの時間に十分にエネルギーを注げなくなってしまう。これも自己管理の一つだと思っています。

皆さんは、ニーバーの祈りをご存知ですか?

私はこの祈りが大好きです。

英文

God, grant me the SERENITY to accept the things I cannot change;

COURAGE to change the things I can;

and WISDOM to know the difference.

神よ、

変えることのできるものについて、

それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。

変えることのできないものについては、

それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。

そして、

変えることのできるものと、変えることのできないものとを、

識別する知恵を与えたまえ。

(大木英夫 訳)

 

とても本質的なことを言っているなーって昔から折に触れては見ています。

人間って、変えられないことに対してエネルギーを使っては、消耗することが多いですよね。

なんでそんなに変えられないことにエネルギーを注いでしまうのでしょうか、、、

私なりの答えにはなりますが、

 

・自分のことが分からない
・自分にとって何が重要なことかがわからない
・時間(=命)の「価値」を意識していない

 

だと思うのです。

自分はどんな価値観を持っていて、

自分はどんな才能を持っていて、

どんな人生のミッションをもっていて、

そして、限りある時間(=命)を何に使いたいのか、

を知っていれば、

いちいち変えられないことに時間を使う暇はない!

と感じられると思います。

少なとも、私はそう思っています。

改めて、

限りある「時間(=命)」自分にとって、大切なことに時間を使いたいですね。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

-コーチング, 考え方

© 2021 Coaching-L