【ブログ更新】「どうして分かってくれないの?」を手放す

久々のブログ更新、今日は先日クライアントとのセッションで話題に挙がった、

「どうして分かってくれないの?」

について書いてみます。

当クライアントはパートナーと喧嘩をした時に、怒りながら「どうして分かってくれないの?」という言葉を口にしたとのことでした。

そのセッションで私は、

「あなたじゃないのに、相手はあなたのことがわかるのですか?」

と聞いてみました。

そしてクライアントの反応は、

「確かに、、、」

というものでした。

方法があるのだったら、私が教えてもらいたかったのですが、その方法は出てきませんでした。

この「どうして分かってれないの?」で悩みやイライラ、そして不安を抱えている方がとても多い印象を持っています。

私は相手に分かってもらうことに固執するより、自分で自分を分かってあげる方がより意義があるし、効果的だと思っています。

例えば、

怒りは二次的な感情だよ、この怒りはどこから出てきたの?」

「本当はどんな気持ちを伝えたかったの?」

「どうして分かってほしいと思ったの?」

「それはどんな感情なの?」

「自分のどんな思い込みが反応しているの?」

「その思い込みって本当に大切なの?」

こんな形でセルフコーチングをして、悩み、モヤモヤ、イライラの根源を突き止めてあげる。

自分と対話し、自分で自分を分かってあげると、以外に気持ちは落ち着くものです。

それでもきちんと相手に伝えたいと思うのであれば、相手に分かってもらおうとするのではなく、その気持ちを丁寧に、誠意を持って、相手の時間を頂いて伝える。相手がどう捉えるのかは相手の課題なのでそれ以上の境界線は超えない。コントロール出来ないことにエネルギーを使うと成長を感じられないし、エネルギー漏れを起こしてしまうので。

個人的にはこのような対応で十分だと思います。

「分かってもらえない」を押し通そうとすると、やり方を間違えれば相手は「コントロールされている」と受け取るかもしれないし、言い方がきつかったりすると「あなたじゃないのにわかるわけがない!」といったことにもなりかねません。

だから、「相手に分かってもらう」よりも、「自分に分かってもらう」ような選択をして人生を生きていきたいと、セッションを通して改めて感じました。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

無料オンライン説明会を随時開催しています!ライフコーチ刈谷のコーチングセッションにご興味のある方や、刈谷と話してみたいというだけの方でも結構ですのでお気軽に以下よりお申し込みください^^

 

 

-

© 2021 ライフコーチング Coaching-L