コーチング 考え方

良い会社ってなんだろう?

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

最近、就職活動をしている方々と話す機会があったので、

今日は

「良い会社ってなんだろう?」

について書いてみようと思います。

皆さんにとって良い会社ってどんな会社ですか?

「給料が良い?」

「ブランド力がある?」

「休みが多く取れる?」

「裁量がある?」

「成長できる?」

「上司が優しい?」

人によって様々な定義がありそうですね。

会社選びって、実際すごく難しいですよね、、、

業界、職種、場所、給与、ブランド、職場環境、カルチャー、人、ビジョン、理念、経営者などなど、あげれば様々な変数があります。

そんな中で「良い会社」と出会う為には、自分にとって良い会社の定義を自分の内面をすり合わせすることができるかにかかっていると思います。

自分はどんな価値観を持っているのか、自分はどんな才能を持っているのか、それをどう社会で生かしたいのか、そして、本当に心からその会社に入りたいのか、これらの質問に答えられるだけで、選択する基準に優先順位が付けられると思います。

そもそも自分のことが分かっていなければ、どうしても見えやすい給与やブランドといった外側に目を向けて選ばざるを得ない。

外側を意識して選んだとしても学べることはあるので一概に悪いこととは思いませんが、少なくとも「今はこの理由でこの会社を選んでいる」という自分で決めているといった納得感を持つことは大切だと思います。

例えば、私の場合は、価値観やストレングスを深ぼっていくと、今のタイミングでは起業することが、幸せや喜びを感じられると判断したから起業しました。起業家に憧れていたわけではないし、衝動的に始めたわけでもありません。

自分の実現したい未来、追求したいライフスタイル、才能を活かしてどう社会に貢献するか、好きなことが何で、どうすれば情熱を燃やし続けることができるか、そういった自分の内面に意識を当てて、自分なりに考え抜いたつもりです。その結果、就職ではなく起業という道を選びました。

自分と徹底的に向きあって納得した上で決めたので、どんな結果になっても後悔はしません。

自分を知り、人生を楽しみ、そして、後悔のない最後を迎えるためにはどうすれば良いのか、そう考える中で最適な仕事が見つかると思うのです。

エージェントに言われるがままにぼやっと会社を選ぶのではなくて、自分を知って、主体的に自分にとっての「良い会社」を探して、どんな結果になってもその責任を自分で負う、こういった意識で仕事、つまり「生き方」を選べば、どんな結果になっても受け入れられると思います。

改めて、皆さんはどんな会社で働きたいですか?

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

-コーチング, 考え方

© 2021 Coaching-L