コーチング 健康 成長 自分を知る 趣味&生活

体の発するサインに耳を傾ける

2021年8月9日

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

本日は「体の発するサインに耳を傾ける」です。

東京に戻ってから12kg痩せました。今もまだ痩せ続けています。

特段、努力していることはありません。

意識したことは、体のサインに耳を傾けたこと。

今は、心身ともにとても健康です。

コーチングを学んでから、心の声により耳を傾けることが多くなったと同時に、

体の声にも耳を傾向けるようになりました。

「今、体は何を感じてる?」

「調子が悪いところはない?」

「体重はどう?」

「胃腸の調子は?」

「頭痛や目眩はしない?」

※ちなみに私は以前仕事中に目眩で倒れそうになったことが何度かあります。体って正直です。笑

ストレスを感じたり、違和感を感じると体が反応する。

これって「悲鳴」だと思うんです。

「助けてください、もう、これ以上、体をいじめないでください」

っていう悲鳴。

私の場合は、体重が増え続けている時は調子が悪いサインです。

これは人生で何度も経験しているのでよくわかります。

10代は高校受験のときです。受験に全く興味がありませんでしたが、志望校でどうしてもバスケがやりたくて勉強し過ぎ&運動不足で激太り。

20代は駐在先で仕事を辞める直前です。やりたい仕事をやれていないというストレスが限界に達し激太り。

30代は仕事のストレスが過剰だったときです。自分の人生を生きている感覚が持てず激太り。

なんか、各年代で必ず激太りしてますね。笑

でも、これらは全て自分の選択です。誰かに強制されたわけでもありません。

辛そうに悲劇のヒーローみたいな時期もありましたが、その環境を選んだのは他の誰でもない自分なのです。

本当に自己管理ができていなかった。笑

振り返ると、自分の価値観を蔑ろにしたり、好奇心というコンパスを使えていない時が、一番体に悪影響が出ていると思います。

言い換えれば、「自分の心から大切なことに時間を使えていない時」です。

改めて心と体は繋がっていると実感します。

そういえば、自然界の動物って、自分を守るために必死ですよね。

生き残るために必死ですよね。

なんで人間っわざわざ自分の心と体を痛めつけるんでしょうか。

もしそういう状況にいるようであれば、心や体を痛めつける生活からもう抜け出しても良いのではないでしょうか?

無理なんて、しなくていいんですよ。

自分を知り、自分を大切にして、価値観や好奇心に沿って勇気を持って行動に移せば、健康な心も体も手に入ると私は信じています。

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

LifeCoach 刈谷洋介

Coaching-Lファウンダー | 🇬🇧バーミンガム大学MBA卒 | 国際コーチング連盟認定コーチ(ACC) | LCW認定ライフコーチ | 元日本初語学コーチングスクール代表 | 元教育系ベンチャー常務取締役 | 上海駐在 | 中国全省の旅 | HSK6級 HSKK高級 | ライフコーチングや英語&中国語コーチングを中心にブログを書いています。オンライン無料説明会も実施中です😄

-コーチング, 健康, 成長, 自分を知る, 趣味&生活

© 2022 COACHING-L