コーチング 考え方

【ブログ更新】失うことは、悪いことじゃない~A loss is not a bad thing~

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

本日は「失う」について。

人生を振り返ると、失うことで、得られることがあると強く感じます

20代で貯金をほぼ使い果たして海外留学やベンチャーに挑戦した時、怖かった。

特に貯金がなくなって、大企業の看板がなくなって、クレジットカードが作れなくなった時は、正直焦った。

当時海外大学院に入学する際の私費で年間数百万という学費は、20代の自分にとっては大金だった。
一括で振り込む時も、ドキドキした。でも、挑戦したいことがあった。

語学コーチングスクールで、語学がハンディキャップで苦しんでいる人の支えになりたい。

その一心で、修行のつもりで、海外大学院にチャレンジした。

そして、夢にまでみて入社したベンチャー企業だったが、30代後半で健康を害して、人生をかけていた仕事を失った時、苦しかった。

いっときは本当にどうなるかと思ったけど、希望だけは捨てなかった。

そして今、最高に幸せだ。

失うことは「苦しいこと」っていう思い込みはありませんか?

そんなことないと私は思います。

苦しいと思えば、それは苦しくなる。

どんな苦しみも悲しみも、それは自分のかけがえのない、人生の1ページに過ぎない。

その「苦しみ」や「悲しみ」をどう捉えるか。どう「付き合うか」。

いや、言い換えれば、「自分で自分を苦しめない」ための「心の基盤」をどう育むか、なのかもしれない。

「失う」ことは、「新しい自分」という気づきへと誘ってくれる機会なのだ。

人間万事、塞翁が馬だ。

 

 

無料オンライン説明会を随時開催しています!ライフコーチ刈谷のコーチングセッションにご興味のある方や、刈谷と話してみたいというだけの方でも結構ですのでお気軽に以下よりお申し込みください^^

 

 

 

-コーチング, 考え方

© 2021 ライフコーチング Coaching-L