コーチング 自分について学ぶ 自己成長

成長に焦点を当てる |ライフコーチング |コーチング・エル

2021年5月23日

この記事は約2分28秒で読むことができます。

成長に焦点を当てる

成長に焦点を当てる – 自分の価値基準に従うという生き方 –

こんにちは!”一歩踏み出したい”ビジネスパーソン専属ライフコーチ(@Yosuke_Kariya)の刈谷です。

本日は”成長にフォーカスすることの大切さについて“お話ししていきます。みなさんは普段、しっかりと自分の成長を感じながら日々を過ごせていますか?目標や結果ばかりに囚われて、苦しくなることはありませんか?

ありますよね。私も、子供の頃からずっと競争の世界で生きてきたので、意識しないと勝ち負けとか、結果とか、目標達成に縛られそうになることがあります。もちろん、目標を設定することで毎日に張りが出たり、達成することで充実感を味わえたりとポジティブな面も多々ありますが、過度に依存してしまうと達成できなかったり、結果がなかなか出ないことで苦しくなることもあります。

ライフコーチ

先日コーチングセッションをしている際に、クライアントがまさにそのような状況に陥っていると感じたので、私は以下のようにフィードバックをしました。

「Sさんにとっては「成長」が大切な価値の基準なのに、「結果」ばかりに焦点を当ててそのギャップで自分を苦しめているように見えます」

このフィードバックをした後、クライアントは涙を流していました。当クライアントの価値の基準の一つは”成長”です。普段のコーチングセッションでも成長を大切にしていきたいと言葉にしているにも関わらず、行動が伴っていないという客観的なフィードバックを受けたことによって、自分の価値基準と行動がズレていることに気づいたのです

このケースは日常的によく起こります。自分の内面としっかり向き合う時間を確保しないと、いつの間にか社会や他人の価値基準に引っ張られてしまいます。このクライアントはセッション前半のワークショップで自分の大切な価値基準を言葉にしているにも関わらず、知らず知らずのうちに外からの評価や誰かの価値基準に囚われていたのです

本当に、自分のことは、自分では見えにくいものです。だからこそ客観的なコーチのフィードバックが有効です。クライアントにとっては「成長」を感じられることで日々が充実するはずが、結果に囚われることで心の余裕がなくなっていた。自分の内面で起きている自己矛盾に気づき、受け入れ、一致していなかった内面と行動をすり合わせていくプロセスを体験することは、本来の自分に戻るうえでとても重要です。一致していないことに気づくことができれば、自然と変化は起きるのです。セッション終了後、当クライアントは心がとても軽くなったと話していました。

コーチングを通して、自己理解を深め、このクライアントのような”気づき”や”学び”が生まれことこそが、実はとても大きな成長です。そして、そのうえで行動を継続していくからこそ、いつしか大きな、理想的な人生につながる”結果”を出せるのです。私もクライアントから見習い、日々「この瞬間」にフォーカスし、成長を感じる生き方をしていこうと感じています。

ありがとうございます
本日も最後まで読んでいただき、
ありがとうございました^-^

個別無料説明会(オンライン)について

ライフコーチ

ライフコーチング契約にご興味のある方はオンライン無料説明会へお申し込みください。

成長に焦点を当てる |ライフコーチング |コーチング・エル
コーチ刈谷

説明会は代表の刈谷が担当します!お待ちしています!




COACHING-L
メルマガ登録フォーム
登録者様限定
"刈谷コーチからの手紙"
配信中!



-コーチング, 自分について学ぶ, 自己成長
-, , ,

© 2023 COACHING-L