コーチング スキル 学び 成長 自分を知る

ライフコーチングの効果は時間が増えること? 

2021年6月8日

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

皆さんは普段、どの程度

無駄だな、、、

と感じる時間を過ごしているでしょうか?

例えば、

夫婦喧嘩、

親子喧嘩、

不安や悩み、

イライラ、

などなど、

「こういった時間をもっと有意義なことに使えたらな、、、」

なんて考えたことはありませんか?

もちろん、喧嘩による感情の動きは、自らを知るためのツールになるので全てが無駄とは思いません。しかし、過度に依存している状態であれば見直す必要もあるでしょう。

例えばこれらの時間に週3時間使っているとしたら1ヶ月で12時間、1年でなんと144時間も使うことになります。

もし時給2,000円の仕事をしている人だったら、年間約30万を捨てていると考えることができます。

経済的損失換算ではなくても、144時間/年を自分の趣味、資格取得、大切な人のために使うことができたら精神的リターンはとても大きくなります。

私はライフコーチングを受けてから時間の使い方が大きく変わりました。自己基盤が強くなることで、悩みが減り、問題を問題とあまり思わなくなりました。反応的な行動がミニマイズされたので、自分にとって重要なことに使える時間が格段に増えたのです。

この「自分にとって重要なこと」に時間を使えるようになると、人生の「プロセス」を味わえている実感が増し、幸福度がとても上がります。

それはそうですよね。

何故なら一度しかない人生、時間は命であり、その有限である時間を自分にとって大切なことにより多く使えるようになるのだから。

個人的に、この「時間が増える感覚」はライフコーチングの大きな価値の一つだと思っています。そしてそのためには、自らを知り、自己基盤を強化し、感情を管理し、緊急ではないけど重要なことに時間を使い続ける必要があります。このサイクルを創り上げるお手伝いもライフコーチングの重要な要素の一つだと考えています。

少しでも、「無駄な時間」を減らし、有意義なことに自らの「命」を使っていきたいですね。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!

  • この記事を書いた人

LifeCoach 刈谷洋介

Coaching-Lファウンダー | 🇬🇧バーミンガム大学MBA卒 | 国際コーチング連盟認定コーチ(ACC) | LCW認定ライフコーチ | 元日本初語学コーチングスクール代表 | 元教育系ベンチャー常務取締役 | 上海駐在 | 中国全省の旅 | HSK6級 HSKK高級 | ライフコーチングや英語&中国語コーチングを中心にブログを書いています。オンライン無料説明会も実施中です😄

-コーチング, スキル, 学び, 成長, 自分を知る

© 2022 COACHING-L