コーチング スキル 成長 自分を知る

「感情」をジャッジしなくていい

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

本日は「感情のジャッジ」についてです。

ちょっと分かりにくいですよね。

端的に言うと感情に「良し悪し」の意味付けをする行為です。

例えば、クライアントを例にあげてみましょう。

クライアントのAさんは、仕事に行き詰まっていました。

どうして良いか分からなくてどん詰まり状態。一歩を踏み出している人たちに羨ましさを感じ、前に進めていない自分とそれらの人達を比較しては、自分を責め苦しめてしまう。そして「前に進めない自分、決められない自分」という現状と理想とのギャップ」に目を当てては自らを責め続け、

「沸き起こるネガティブな感情=悪」

と思い込み、負のスパイラルへと突入してしまう。

この経験、私にもあります。

「自分はなんてダメなんだ、、、」

終わりのない自己否定、辛いですよね。

特に、周りに吐き出せる人がいないと、どんどんドツボにハマっていく。

でも一つ考えてみてください。

「今の自分がダメ」

って誰が決めたんですか?

「今抱えているネガティブな感情が悪い」

って誰が決めたんですか?

私はメンターコーチから以下のフィードバックをもらったことがあります。

「洋介さん、今(感情を)ジャッジしましたね」

初めて聞いた時は、「え?」という感じでした。

何故なら「感情をジャッジする」ことが当たり前になっていたからです。

あまりにもジャッジすることが習慣になり過ぎていて、疑うことすらしなかった。

本来、感情そのものに「良い」も「悪い」もないはず。

もし「良し悪し」があるのだとすれば、それはあなたが「ジャッジ」しているだけです。

そう、あなたを苦しめているのは、あなた自身なのです。

視点を変えれば「ネガティブな感情」も自分を知るために大切なリソースと捉えることがえきます。新たな自分の「発見」をサポートしてくれる大切な「友人」と捉え、自分を傷つける為に使うのはやめましょう。

名著「七つの習慣」でも「外からの刺激に対する自分の反応は選べる」という名言がありますが、自分の感情が動いた際に、その原因がなぜなのか、そして、その感情に「支配」されることなく適切に「対応」するためにも、自分について学び、知ることが欠かせません。

「感情をジャッジして、支配されて反応する」のではなく、「感情の動きを自分を知るためのツール」として意識できるようになると、自分を活かせるようになりますよ^^

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

-コーチング, スキル, 成長, 自分を知る

© 2022 COACHING-L