コーチング 自分について学ぶ 自己成長

ライフコーチング |コーチング・エル |人生を変える方法 – 20代 、30代のあなたへ –

2021年3月22日

この記事は約5分11秒で読むことができます。

ライフコーチング

人生を変える方法 – 20代 、30代のあなたへ –

こんにちは!“一歩踏み出したい”ビジネスパーソン専属コーチの刈谷(@Yosuke_Kariya)です。

20代や30代、いろいろな悩みがありますよね。

この会社に居続けていいのかな、、、

「そこそこ社会から評価はされているけど、なんか満たされないんだよな」

本当はもっとやりたいことがあるのにな、、、

結婚と仕事をどう両立しようか、、、

今のチャンスを逃したら、もうキャリアチェンジはできないかも、、、

留学の夢があるんだよな、、、

大企業よりも、ベンチャーに挑戦したいんだよな、でも親や周りの目が気になる、、、

本当はものすごく旅に出たいんだけどな、、、でもそんなんじゃ履歴書が汚れるよな、、、

何か一つでも思い当たる節はありますか?

私には、あなたのこの焦る気持ちが、痛いほど分かります。

私は20代は駐在先で仕事を辞めて、イギリスMBA留学と中国留学、30代はベンチャー経営に心血を注いだ後に、中国全省の旅に出て、帰国後起業したり、本当に色々なことがありました。

今では、自由に旅をして、コーチとして独立するという理想的な人生のステップを踏んでいますが、最初から順調だったわけではありません。

一社目の会社はとても仕事に適正があったとは思えないし、本当に好きな会社だったから入社した訳でもありません。上司や同僚などの人間関係には恵まれていたものの、仕事への情熱が持てず、日曜日には毎週のようにサザエさん症候群に陥っていました。。。

ライフコーチ

自分の力を発揮できていないと感じているにも関わらず、駐在員という恵まれたポジションに居座ることへの罪悪感に苛まれる日々も続きました。その状態が続くことで、メンタルが疲弊してしまっていたことを昨日のことのように思い出します。

そして、自分が「変わった」と思えたのは、一つの「意思決定」からでした。当時2008年、私は駐在前に英語コースの受講生として通っていた日本初の語学コーチングスクールにどうしても入りたかったのです。その純粋な気持ちに耳を傾け、心の声に正直に行動したことで、自分の人生は大きく変わっていきました。

当時のその語学コーチングスクールは今で言うベンチャー企業、社員数は10名前後の小さな会社でした。その会社にチャレンジする前に、妻と国際結婚をして、必死に7年半貯めた1,000万円の貯金をほぼ使い果たして、イギリスと中国に留学し、帰国後、その目標だったベンチャー企業に入社しました(別に入社が約束されていた訳でもありません)。ずっと欲していた駐在員というポジション、死に物狂いで貯めた貯金、これらを捨てて挑戦しました。

未来が保証されていたわけでもなんでもありません。でも、やると「決めた」のです。当時の自分はまだ今ほどの経験もなかったので、不安がなかったかと言えば嘘になります。怖くて怖くて取り乱してしまいそうなことも多々ありました。でも、一度しかない人生、挑戦しないと10年後に絶対後悔する、そう思ったのです。

当時の自分にとっては、その一つの「意思決定」こそが、自分を変え、「充実した人生」へと導いてくれた方法でした。そして、入社後3年目で全社執行役員、日本初語学コーチングスクールの代表、売上利益過去最高、そして取締役、常務取締役と昇進することができました。今現在のコーチの視点から当時を振り返ると、自分の大切な価値基準に沿った行動であり、且つ人生の責任を負っている感覚から得られた充実感だと論理的に理解できますが、当時は「なぜそれをやるのか?」をうまく言語化できず、苦しみながら前進していたことを思い出します。

そして、その行動から学んだことを簡単にまとめていきます。

1. “自分で決める”ことの大切さ

ライフコーチ

自分で決めることは、自分の人生の責任を負うということ、その感覚が、「幸せ」へと導いてくれました。自分で決めることで「他責思考」から解放されます。他責思考から解放されることのメリットは、自分では変えられないことにエネルギーを使わなくなることです。自分が変えられることに集中すれば、成長を感じられるので日々を軽やかに生きられます。

2. “仕事は楽しい”という感覚

ライフコーチ

ブランドや待遇よりも、自分が純粋に「やりたい」と思うことにチャレンジした結果、仕事が心から楽しいと思えるようになりました。正直「SONY」名義のクレジットカードがなくなった時、少し寂しさのような感情がありましたが、その一方で、未来は自分で創るという気持ちが強くなったことを覚えています。私が入社した当時のベンチャー企業では、自分が会社の「駒」ではなく戦力であると感じられたことが、自己肯定感の向上に大きな役割を果たしてくれました。

3. “どこで働くか”よりも”何故働くのか”の重要性

ライフコーチ

どんな街で、どんなビルで、どんな会社で働くかよりも、何故それをやるのかを考え、決める方が心が満たされます。上記と繋がりますが、私は20代の頃はキラキラした街でキラキラしたビルで働けることにときめいていた時期があります。でも、そういった「ブランド」的なものに対する憧れは、時間を追うごとにどんどん陳腐化し、30歳前後には何も感じなくなりました。それよりも、生きる意味を言葉にして、価値観に忠実に生きることで自分が幸せになれると直感的に感じたのです。その直感を行動に移したことが、今の幸せに繋がっています。

4. “周囲への感謝”

ライフコーチ

自分の本音に従って生きることは、自分を大切にすることにつながる。自分を愛し、満たされるからこそ、その満たされた愛が、外へも向かいます。私は以前、自己犠牲という精神をとても重要視し、自分をすり減らしていた時期がありました。でも、気づいたのです。自分自身を大切にできるからこそ、人へも優しくなれると。自分自身を大切にすることとは、自分について学ぶことです。それは、どんな理想的な人生を思い描いているのか、どんな価値観を持っているのかという自己理解を深めることです。自分と向き合い、自分を認め、満たす生き方ができると、他人にも優しくなれます。

 

まとめ

20代〜30代後半は、人生について深く考え、変化を起こしたいと感じるターニングポイントにいる方は多いと思います。私もまさにその当事者でしたし、当時はもがき苦しんでいました。今思うと、自分が共感でき、学びたいというコーチがいれば、あそこまで苦しまずとも、もっと軽やかに人生のステップを踏めたのではと感じることがあります。だからこそ、僕は”一歩踏み出したい”ビジネスパーソン専属ライフコーチとして活動をしています。当時の僕のように、”今にもがき苦しみ、一歩踏み出したい”と考えている方を、僕はこれからも全力でサポートしていきます

大丈夫です。絶対に、変われます。あなたが変わりたいと願う限り。

ありがとうございます

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました^-^

オンライン無料説明会について

ライフコーチングにご興味のある方はオンライン無料説明会へお申し込みください。

ライフコーチング |コーチング・エル |人生を変える方法 - 20代 、30代のあなたへ -
コーチ刈谷

説明会は代表の刈谷が担当します!お待ちしています!

 




COACHING-L
メルマガ登録フォーム
登録者様限定
"刈谷コーチからの手紙"
配信中!



-コーチング, 自分について学ぶ, 自己成長
-, , , ,

© 2022 COACHING-L