コーチング 考え方

コーチングの力

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

今日は「コーチングの力」について書いてみたいと思います。

先日友人から「人生相談」を受けて60分ほどお話ししたのですが、

コーチングって本当にすごいな〜と感じました。

60分の内、友人が恐らく45分から50分ほど話していたと思うのですが、

どんどん思考が整理されて、

心の中に隠れていた

「オモリ」

が顔を見せ始めて、

「そのオモリをもう手放しても良いのかな、、、」

という友人の言葉で帰結しました。

私は正直、ほとんど話していません。笑

ただ、「相談を受ける」という前提で、且つコーチングを意識するのであれば、この「45分~60分」ほど相手が話す、ということに意義があります。

コーチングでは、クライアントが7割〜8割話すことが良いコーチングと言われています。

コーチが話し過ぎではコーチングではなく、メンタリングやティーチングになり、コーチングの世界では

クライアントを「誘導している」と取られかねません。

そして、常に意識していることは、クライアントが素晴らしい人生を送ることができると信じて、クライアントにエネルギーを送る。

相手の動作や声のトーンに意識をはらい、ギフトとして「質問」や「フィードバック」をする。

ZOOM越しでもしっかりとエネルギーを交換できている実感もあり、とても良い形で60分を終えることができました。

コーチングの中では、アクティブにリスニングを行い、クライアントへ質問を投げかけて、観察や直感を通して行うフィードバックで気づきや発見、そして選択肢を与えます。

そして、クライアント自身が話すことで思考が整理されて、自分らしい答えにたどり着くことが多くあります。

これが、「コーチ」の存在意義だと改めて感じました。

(※もちろん、コーチングではなく相談の時は質問に対してメンタリングやティーチングをすることもあります)

なんか、お役に立てたという実感があるので、毎月数名限定で「無料人生相談」でも実施してみようかな〜、なんて感じた日でした。笑

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

-コーチング, 考え方

© 2021 Coaching-L