コーチング 成長 自分を知る

”自分らしさ”に近づくというプロセス

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

今日は「自分に近づく」についてです。

ライフコーチングセッションでは、過去、現在、未来に焦点を当てて、ご自身を語って頂きます。

自分の人生を振り返り、語ることで、様々な喜怒哀楽の感情が蘇ります。

どんな子供だったのか、

どんな学生時代を過ごしたのか、

どうしてその会社に入社したのか、

どうして転職したのか、

どんな道を通って今にたどり着いたのか、

そして、どんな理想的な人生を描いているのか、

幸せだったこと、

悔しかったこと、

苦しかったこと、

思い出したくないこと、

様々な出来事を語っていただきます。

一人一人に、ドラマがあります。

自分を振り返り、言葉にするプロセスの中で、徐々に”自分らしさ”の輪郭が見えてきます。

どんなことに感動したのか、

どんなことが大好きだったのか、

どんなことが生きる原動力になっているのか、

何が人生において大切なのか、

その人らしさが、どんどん浮き彫りになっていきます。

ライフコーチングの本質的な価値の一つは、

本来の自分らしさを取り戻すこと

なのかもしれません。

”その人らしさ”は天から突然降ってくるわけではありません。

本来その人が大切にしていることを思い出すと表現する方が適切です。

人は大人になる過程でいつの間にか”他者評価”に重きがおかれ、自分らしさから遠ざかっていることがあります。

本当の自分を忘れ、周囲に認められることや、社会から評価されるかどうかが価値基準になっていることもあります。

そういったクライアントが、本来の自分に帰ってくるプロセス、毎度この瞬間にとても感動し、胸を打たれます。

自分らしい人生を送るためには、まずは本来の自分を取り戻すことから始まる。

皆さんは今、”自分らしさ”を言葉にできますか?

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-コーチング, 成長, 自分を知る

© 2022 COACHING-L