loader image

コーチング

【必見】プロコーチおすすめ!コーチングを学べる本3冊! |ライフコーチング |コーチング・エル

2022年9月24日

この記事は約3分32秒で読むことができます。

コーチング
Instagram 5
迷うクライアント候補

あの~、コーチングを学びたいと思っているのですが、おすすめの書籍ってありますか?スクールって高額だから、まずは本を買って学ぼうと思っているんです!

コーチングを学びたいんですね!それじゃあ、僕のおすすめのコーチング本3冊を紹介するね!

IMG 2507
コーチ刈谷

プロコーチおすすめ!コーチングを学べる本3冊!

コーチング・バイブル(第4版): 人の潜在力を引き出す協働的コミュニケーション

q? encoding=UTF8&ASIN=4492557946&Format= SL250 &ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hitch1126 22&language=ja JPir?t=hitch1126 22&language=ja JP&l=li3&o=9&a=4492557946

世界的にも有名なCTI(Coaches Training Institute)が発行している書籍。第3版では、あの自己啓発の大家である「7つの習慣」の著者、スティーブン・コビー博士が書籍の帯を書くなど、信頼性はとても高いです。Co-Activeモデルという独自のモデルをベースにコーチングを展開するアメリカ発のコーチングモデルです。私は当書籍をコーチング起業を志した際、理論を叩き込むために写経するレベルで読み込みました(実際に写経しました笑)。特に”傾聴における3つのレベル”の理論は素晴らしく、聴き方一つを取ってもそのコーチングの奥深さを感じさせてくれます。日本語版、英語版、中国語版と3ヶ国語で読み込んだ唯一のコーチング本です。私のコーチングも、かなり当モデルに影響を受けています。充実、バランス、そして今この瞬間を生きるという信念とも呼べる科学的モデルは、さまざまなシチュエーションで応用可能です。

この1冊ですべてわかる 新版 コーチングの基本

q? encoding=UTF8&ASIN=4534056591&Format= SL250 &ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hitch1126 22&language=ja JPir?t=hitch1126 22&language=ja JP&l=li3&o=9&a=4534056591

1997年にアメリカからコーチングの概念をを日本に持ち込んだコーチ・エィの共同著書です。非常に理論的で、図やマトリックスも多用されており、論理的に理解されたい方に向いている書籍です。パーソナルコーチングにおける方法論だけでなく、組織コーチングにまで話は及びます。傾聴、質問、要望などのスキルの詳細な説明はもちろん、ビジネスシチュエーションでのケーススタディーも豊富に掲載されています。また、コーチ・エィのコーチングにおける定義は明確に”目標達成”ですので、個人においても組織においても、如何にして目標を達成するかという視点に価値を置かれている方、特にビジネスでの成果にフォーカスしている方には特におすすめです。

ライフコーチング-自分を強く育てる習慣

q? encoding=UTF8&ASIN=4434248456&Format= SL250 &ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=hitch1126 22&language=ja JPir?t=hitch1126 22&language=ja JP&l=li3&o=9&a=4434248456

筆者がコーチングをマンツーマンでご指導いただいた国際コーチング連盟MCCである林さんの本です。日本のライフコーチングの草分けとも呼ばれており、日本でライフコーチングを普及された第一人者です。自己基盤をベースに、スキルよりも在り方、目標達成よりも成長をベースにした独自のコーチングモデルを提唱されています。ビジネス、家庭、社内の人間関係、自己実現など応用範囲は広く、身につけると広範囲に及ぶコーチングが可能になります。外側のスキルアップよりも内面を磨くことにフォーカスしている書籍ですので、内側から変わっていきたいという方にはとてもおすすめです。またフォントも大きく、ページ数も170ページ弱ととても読みやすので、ライフコーチングを知りたい方には入門編として特にお勧めの本です。

まとめ

これら3冊は全て素晴らしい書籍です。好みはあっても、良い悪いでは判断できません。同じコーチングを扱っているので、もちろん重複する部分もあります。自分が今いる環境やステージ、未来像、人生を扱いたいのか、ビジネスを扱いたいのか、仕事にどう応用したいのか、などによって学ぶ内容も変わってくるでしょう。

例えば私は、ベンチャーの役員や事業部トップとしてビジネス現場にどっぷり浸かってきて、今もコーチングで起業して目標を追いかけ続けています。仕事や目標に追われると、自分の人生に向き合う時間が疎かになることがあります。私は家族が一番大事なので、気づいたら仕事ばかりに時間を取られていたなんていうことにはなりたくありません。だからこそ、ライフコーチングやCTIのようなCo-Activeモデルの形で、常に人生全体をテーマにしながら長い時間軸で成長をベースに対話する方が今の私には合っています。しかし、ビジネスコーチングを深めたかったり、部下育成で悩んでいたり、逆に今の生活がゆるくて何かにコミットしたいなど「目標達成」をベースに学びたい方は「コーチングの基本」の方が合うかもしれません。

当ブログが、皆様に合った一冊に出会える一助になれば、とても嬉しく思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました^-^

オンライン無料説明会について

ライフコーチングにご興味のある方はオンライン無料説明会へお申し込みください。

IMG 2508
コーチ刈谷

説明会は代表の刈谷(@Yosuke_Kariya)が担当します!お待ちしています!




メルマガ登録フォーム
月一でコーチングマガジン配信中!



-コーチング

© 2022 COACHING-L