コーチング 考え方

【ブログ更新】アファメーションの効果

こんにちは!Coaching-Lの刈谷です。

本日は、約一年半続けている【アファメーション】についてです。

皆さんは、アファメーションってご存知ですか?

アファメーションとは

・ポジティブな言葉の力で、人生を望む方向へと変えていくこと

です。

自分の潜在意識へ語りかけることで、理想に近づけていくこの方法は多くのアスリートや経営者などが取り入れていることでも有名です。

自分のセルフイメージを高める方法としても広く使用されていますね。

よく人は「言葉でできている」なんて言いますが、その人の使う言葉でどんな思考形態を持っているかがある程度把握できたりします。

言葉が人に与える影響って大きいですよね。

ポジティブな言葉とネガティブな言葉をかけられた時の心の状態をイメージするとわかりやすい。

ポジティブな言葉をもらった時はとても気持ちが高揚するし、逆にネガティブな言葉をかけられると落ち込んでしまうこともある。

「言葉」が与える影響力は絶大です。

私が一番最初にこのアファメーションに似た概念を知ったのは、中国全省の旅をしている時でした。

中国全省の旅をしながら、ライフコーチングを学び、同時に自己啓発本を数多く読んでいました。

このアファメーションに近い概念を知ったのは、かの自己啓発の大家であるデールカーネギーの【道は開ける】の一説を読んだ時でした。

そこには「祈り」について書かれていました。

以下は【道は開ける】の引用です。

釈迦以来インドに出た最も偉大な指導者マハトマ・ガンジーは、祈りという陰の力によって鼓舞されなかったら破滅していたに違いない。何しろ、ガンジーは自ら「祈りがなかったら、私はとっくの昔に気が狂っていたであろう」と言っているからだ。

D・カーネギー. 道は開ける

そうです。信仰を持っておられる方が行う「祈り」です。

日本人は無宗教の方が多いので、いまいち「祈り」ってピンとこない方も多いのではないでしょうか?

私も特定の信仰は持っていないので、そうでした。

ですが、初詣で神社でお祈りした際に、なんだか晴れ晴れと、幸せな気持ちになることってありますよね。

あの感覚を思い出して頂くと分かりやすいかもしれません。

人は、祈ることやポジティブな言葉を自分自身に語りかけることで、その潜在能力を引き出すことや、幸福感を感じることができるのです。

私はこの方法を知って以来、毎日アファメーションを実施しています。

私の場合はデールカーネギーの「祈り」から示唆を得たので、今も独自の形で「祈り」を継続しています。

これは個人的見解ですが、アファメーションで説明されていることと、デールカーネギーが述べている「祈り」の効能は本質的にかなり近いのではないかと感じています。

厳密に言うとアファメーションの方法には

・私を主語に使う

・現在形を使う

・ポジティブな言葉を使う

・継続する

など色々ありますが、まずはやってみることが大切です。

継続していく中で、徐々に自分に合う形へ変えていけば良いと思います。

私は朝は20分〜30分ほど、夜は就寝前に3分〜5分ほど、このアファメーションに取り組んでいます。

1日がとても心晴れやかな気持ちでスタートしますし、夜は寝つきもかなり良くなりました。

最初は1分からでも効果があると思うので、皆さんも日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

写真はライフコーチングを学び、アファメーションも取り入れ、未来を試行錯誤しながら中国全省の旅をしていた際の筆者@中国河北省の渤海にて。

 

 

1月のコーチング無料体験も随時募集しております。
以下の画像をクリックし、お申し込みページへお進みください^^

 

 

 

-コーチング, , 考え方

© 2022 LifeCoaching Coaching-L